uncTK.web
 
Prof

uncTK(アンク・ティー・ケー): Club dj & more

 クラブ黎明期にプロドラマーとしての活動と平行してDJ活動をスタートさせ

最新のUKサウンドを中心にRock/Ska/Jazzをも取り込んだ幅広いスタイルで

名古屋を拠点に主要クラブで活躍。その後もライブ性の強いdjスタイルを標榜し

国内は元より3年連続モスクワのJフェスでもそのパファーマンスは高く評価された。

 現在は毎週土曜に東海エリア最大級の動員を誇る iD cafe@nagoya の週末限定6階ペントハウスで

Electro Houseを中心としたグローバルでオーバーグラウンドな選曲を軸に、アカペラトラックを

駆使したMashupや、CDJやエフェクトをアグレッシブに活用したリアルタイムでのRemixなど

そのアップリフティングなdjスタイルは、クラウドから圧倒的な支持を集めている。


 またDJ活動の比重が増してからは、ドラマーからデジタル楽器のプレーヤーに移行し、

各種音源・コンテンツ制作や国内外(ソウル/台北/モスクワ/パリ)でのライブパフォーマンス、

シンセサイザーのインストラクション業務等を手懸け、TENORI-ON(YAMAHA)

iPad用のTNR-e のクラブ系プレーヤーとしても活動している。





Mini History

Disco OZ @ nagoya  (‘82〜’84)

東海地区初となるNewWave系の大箱で、当時のディスコサウンド

全盛時にUKの最新ヒットからスカやパンクまでも幅広く提供していた。

全体のコンセプト創りや選曲も含めレジデントdjとして参加。


Dance Hall @ nagoya  (‘85〜’89)

メディアミックスの先駆けとなる、マルチコラボレーションを実践した

急進的なクラブ。初期段階のコンセプト創りから、あの細野晴臣氏らと共に参画し、オープン後もレギュラーdjを務める。


iDcafe @ nagoya(‘99〜)

21世紀に入ってからの拠点となるメインフロア。

6F〜B1Fまでの複数のフロアを持ち、クラブのデジタル化を体現して

いる全国有数の大型クラブ。

... and more

Contact
メールを送信

Send E-mail

Facebook

 
inserted by FC2 system